ニュースから考察

  1. 大学無意味論から当たり前を疑う。

    まずはこちらをご覧ください↓イケダハヤト氏のブログです。http://www.ikedahayato.com/大学行く意味ねーから!というブログ…

  2. セクハラ問題ツイート奮闘録

    最後にしたかったのだけど セクハラ問題云々は別として ネット上での議論もなかなかに時間をとられるなぁ と思ったのと 嬉しかったのとで 色々とまだ書こう。事の…

  3. 童貞!ハゲ!デブ!

    色んな案件を同時に考えて進行させてて 目の前には目の前の営業があって それでいて おそらく地方の一般人枠としてはトップクラスにガッツリSNSに時間割いてる。…

  4. セクハラかっこ悪い

    作家のはあちゅうさんの実名告発がネット上で話題だ。https://www.buzzfe(絶対に読め!)前向きにひたむきにポジティヴに歩みを進めていく…

  5. 相手の時間を奪うという事

    「相手の時間を奪う事」に ついて どう思いますか?また 解決策はありますか?という 問いが 僕の所属してるコミュニティの1つであがった。この問いは非…

  6. 信用の名の下に。

    テレビゲームや漫画の世界に人を支配し管理し 意思の統一を計り 世界を平和にしようとする輩はたびたびでてくる。Zガンダムのパプティマスシロッコはこういう…

  7. 首吊り士

    首吊り士行政書士みたいになってもとるやないかい!と、、まあ 事が重たい事などで あまり おふざけ文章を書くのもはばかられるのですが、、。首吊りが楽に死ね…

  8. そうだ!選挙に行こう!

    選挙ですねー。こないだの兵庫県知事選挙は 勝谷さんを応援して いろいろSNSでもはしゃぎましたが 今回はどうにもそこまでテンションがあがってないのが実際の所…

  9. 堀江貴文の真意

    堀江さんのツイッターがまた荒れている。記憶が正しければ前回は Jアラートみたいなクソシステムいらねー といったツイートが荒れた。今回は…

  10. jアラートの必要性から学ぶ他者への想像力

    昨日は2回目のJアラート発動です。僕の好きな堀江さんは前回もすこぶる怒っておられ 今回もガッツリと荒ぶっておられました。堀江さんの言い分って いつだって徹…

  11. 溢れ出る性欲!!

    ちょっとね クラウドファンディング絡みの道徳的なblogばかりだと面白くないでしょ?っていう溢れ出るサービス精神で性欲を溢れ出してみた、、…

  12. おまんら 許さんぜよ

    マスコミってコントとか漫才の「ネタ」を作ってんのか?(笑)これはニュース番組ではありませんバラエティ番組です。そういうカテゴリーでやってくれるな…

  13. 上西小百合ネタから本当にいいたいこと

    もう 引っ張るつもりなかったんですけどこんな記事を目にしてしまって、、http://grapee.jp/367911(めんどくさい人への まとめ…

  14. 昨日よりもっと上西小百合に萌えるblog

    ドラクエイレヴン買ってウキウキとお店に出勤して 仕込み終わらせて 箱をあけてたら TVはまさかの上西小百合特集www残念ながら …

  15. 上西小百合議員に萌えるblog

    議員続きってことで(笑)これは結構書くかどうか迷ったネタでちょっと前にサッカーの事でツイートしてたのかな?この人「他人に自分の人生のっけてんじゃねぇ…

  16. 不倫ニュースは一般人のも流そうぜ(笑)

    ボデーアンッソーゥ?時事ネタは新鮮なうちにほりこんだほうがいいのかな、、と。ニュースをとりあげて 見解を語るというコメンテータースタイルは …

  17. プリンスハイネル

    コラー!!!http://mokotopi.com/prince-taihoまずは↑のニュースをサラッとごらんください。めんどくさい人へのまとめ…

  18. 痴漢冤罪のなくしかた

    否定の中にも肯定を肯定の中にも否定をそんなあまのじゃく精神と八方美人体質であっちに疎まれこっちに嫌われ 損な考え方だとは思うのだけど …

最近の記事

アーカイブ

  1. kitchen11メンバーズクラブ「フリーダム」について考察

    飲食店の人手不足を解消しよう やりたい仕事になろう 
  2. 昼カラスナック いれぶん に ついて考察

    昼カラ スナックいれぶん 構想始動 スタッフ募集!
  3. 日々の出来事から考察

    音楽イベント手伝ってまーす
  4. 日々の出来事から考察

    朝まで生トーク 言葉遣いについて
  5. 日々の出来事から考察

    クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
PAGE TOP