飲食業の話(旧時代バージョン

東京生活番外編!財布を二度なくす男!

さて、現在 姫路に戻る新幹線の中で書いております。天才万博最終日!もちろん その話を書きたいのだけれど 少し番外編をお送りしたい。番外編を書くことで blogネタが圧迫され最終日の事を書けなくなるであろうことも想像に難くはないが それでも書きたい。そして面白い。そして僕らしい(笑)

タイトルにもある通り 僕は東京にて財布を二度紛失した!(笑)

死のう もう姫路に帰らなくてもいいか、、こっちで働くか、、いやいや ちゃんとやろう。

そんなこんなのアホエピソードを 長くなりますがお付き合いください。

一度目は 30日昼。昼間っから僕はキャバクラで飲んでいた←

(おいおいおい、、てめー ファンクラブとかで金せびりながら 遊びちゃかしてんじゃねーよ!と ふざけた事を言われそうだが 僕は普段ホントに贅沢しない たまに他府県にいったときにお姉さんと遊ぶくらいさせてほしい そないに使ってねーし)

夜はカップ麺 美味い!

昼は富士そばの定食870円 美味い!

これが僕の東京生活だ。なめんな!

そうそう キャバクラだ。僕は夜の飲み屋経験もあるので 全国やりやすくて楽しいお客さん選手権なんてのがあったら絶対上位入賞できる自信があるぐらい 気を自然に使い 楽しむことができる。 キャバクラはタイマンなのもよい。僕のコミュニケーション能力の真骨頂はタイマンだ。 姫路でも行けばええやん といったところだが 僕は地元でお姉さんと仲良くなってしまうと色々具合が悪い 一言で言うと「めんどくさい」だ。

なんで 他府県にいって元気なときにたまにこうして遊びに行く。昼からがありがたい。夜はもうしんどい。

まあ、御察しの通り このキャバクラに財布を忘れ タクシーに乗り ライブ会場で気付き引き返してもらうというゴタゴタがあった。

タク「870円になりますー」

俺「あれ、、財布、、ねーじゃん!これは間違いなくさっきのお店に忘れてきたなぁ、、

すみません ちょっと財布がなくて、、さっきのお店に忘れてしまってると思うんです、、戻っていただけませんか?」

ところがタクシーは渋る。

いやいや 困りますよ と それで でてこなかったらどうするんですか? 個人としては この870円はいらないから もうここで降りてもらいたいんだと。

なるほど わかる話だ。だがそうもいってられない。

俺「 確実なんです。 もしでてこなければ 僕は姫路でお店してます。 名前も電話も個人情報全てお教えします。振込で金額に迷惑料上乗せしてお支払いします。」

それでもタクシーは渋る。めんどくせーのだ。そりゃあそうだ。そしてタクシーは「財布などでてこない!」と思っている。

タク「上野のキャバクラなんてね、、ろくなもんじゃないんですよ、、働いてるやつとかね、、わたしゃ25年やってましてね、、そりゃあいろんなやつを見てきましたよ、、お客さんを信用しないわけじゃないけど、、財布は戻ってこないですよ」

僕はそれでも戻ってくる自信があった。

明らかなボッタクリ店舗ならともかく 一応は明朗会計で気持ちよく出てきた。

ポイントは二つ。

「僕が昔 同業者だと会話で話したこと」

「女の子はもちろんボーイにも話しかけ 親しく接客してもらったこと」

この二点。

お客さんが忘れた財布をネコババする。

わからない話ではない。 僕はさほどそれを非難はしない。これは長年接客業してきた人はわかると思うんだけど 「感じのいいお客さんは必要以上によくしてあげたくなるもの」

これだ。

これが店側の良心を信じた事による理由の一つ目

では二つ目 仮に財布をネコババしてやろうと思ったとする。ここでネコババするやつの気持ちになってみる。僕が財布をネコババしようとするならば 、、元同業経験者で 髪の毛が赤いやつの財布なんて危なくてとれない。

店を出て10分ほど。記憶も確実 お店はそれなりに忙しい。 そんなときに財布をネコババして、それを騙し通せるだけのギミックを施すことは難しい。 そんな橋を渡り失敗しようもんなら とんでもないことになる。

そう、本当はネコババしようとしてたとしても、、だ。この10分で 財布を返さないなんて選択肢はとれない。

この二点から僕は絶対に自信があったんだけど運転手さんは しきりに もうダメだよ、、と 言う。

どれだけの嫌な思いをこの運転手さんはしてきたんだなぁ、、、少し切ない。

果たして財布は戻ってきて 運転手さんも大喜び(笑) 僕は 上記の推察を話すると たいしたもんだねぇ こんな丁寧に冷静に財布をなくして人と接する人ははじめてだよ と感心していた。

僕はそんな考察力より財布を忘れない方が大事だなと思ったりもしたが 運転手さんにはチップを5000円お渡しして 天才万博最終日へと向かった。

これが一つ目の財布なくした事件なんだけど2つ目はもっとひどい。

けど そんなくだらねー事ばかり書くのもなぁ、、と思うわけで、、

レターポットに 見たい!(30円程だ)の 3文字でいいので5人送ってくれたら 2つ目の事件を書こう。

なければ書かない。(笑)

レターポット悪用術(笑)

言葉で廻す 新経済 レターポット

blogの内容よかったとき一言でもレターで褒めてくれたら嬉しすぎます( ^ω^ )

北村 英昭のレターポットはこちら

https://letterpot.otogimachi.jp/users/101

(会員さんは当店でレターポット支払い可能)

ピックアップ記事

  1. 音楽イベント手伝ってまーす
  2. ストップ!めんどくせぇいざこざ!
  3. 君に幸あれ 俺と結婚式その1
  4. クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
  5. 戦友たち

関連記事

  1. 日々の出来事から考察

    童貞!ハゲ!デブ!

    色んな案件を同時に考えて進行させてて 目の前には目の前の営業があって …

  2. 飲食業の話(旧時代バージョン

    メリハリの難しさ

    BARで働き出してより繁華街に深い飲食勤務となりまして、感じること。姫…

  3. 飲食業の話(旧時代バージョン

    BAR88のパスタ料理

    おはようございます!飲食マナー話は僕が飽きてきたので前回で終了!←…

  4. 日々の出来事から考察

    win-winの作り方

    本質を見て本当の意味でのwin-winをデザインする。こんなことは…

  5. 飲食業の話(旧時代バージョン

    飲食産業はやはり楽しくなければ!

    どうも、ブログ第二回です。いきなりしんどくなってきました。←えー、、僕…

  6. 日々の出来事から考察

    おっさん になるな!

    おっさん、、と 調べるとですね、、まあ色々とでてくるだろうし、、年齢的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

  1. 日々の出来事から考察

    君に幸あれ 俺と結婚式その1
  2. 日々の出来事から考察

    戦友たち
  3. カラオケフリースペースキャンディ姫路について

    昼カラ スナックいれぶん 構想始動 スタッフ募集!
  4. 飲食業の話(旧時代バージョン

    新時代の価値観の共有
  5. スナックキャンディ姫路ファンクラブシステム「フリーダム」について考察

    飲食店の人手不足を解消しよう やりたい仕事になろう 
PAGE TOP