日々の出来事から考察

強固なコミュニティと脆弱なコミュニティは紙一重

これからはコミュニティが大事になる!

そんな言葉が囁かれて久しい。

周りを見渡せばどこもかしこもコミュニティだらけだ。

僕は37のおっさんなので そりゃあこの歳になるまでいろんなコミュニティっぽい所に気づけば属してもいたと思う。

コミュニティなんてのは言うなれば仲良しグループで 学生時代に知らず知らず 経験してるものだ。

僕はというと人間の本質ってのは変わらないもんで どうにも昔から特定のコミュニティというのが苦手だった。

得意なコミュニティ、、ってのはもちろんあったけれど そのコミュニティの時折発する内輪ノリ感が苦手で (ただコミュニティってのは内輪ノリが1番盛り上がるし楽しいんだ、、) いろんな グループと遊んだりしていた。 そうすると いざ仲良しグループで集まろーってなると 僕はどうしたらよいのかわからなくなってしまうのだ。

別に誰でもいいんだけどどこにいけばいいかわからない 誰とでも仲良くなれるけど誰ともわかりあえてない、、そんな感じ。

いつしか僕は 一人が大好きで 一人を楽しめるようになっていった。

その一方で自宅が溜まり場になるなど 得意なコミュニティでの集まりは継続していた。

根暗で陰キャなんだけど 僕は人見知りではない。 知らない人に話しかけるのは全然余裕で、1番苦手なのが「わりと知っている人」だったり「わりと知っているグループ」だ。

だから根暗なのか(笑)

バンドやりだした時も コミュニティはつまらなかった。 音楽やってる人のコミュニティはホントに内輪ノリが凄くて 自分達の感性こそが世界の全てのようなトークを展開する。

ヲタクコミュニティとかもそう。

僕はバンド好きだし それなりのヲタク気質はあるが どうにもバンドマンとかヲタク丸出しのコミュニティとかとも相性が悪い。

専門用語ありきでの会話など最高に腹立たしい。(知ってる人だけの会話ならかまわない)

社会にでてもコミュニティはつきまとい 今や なんとかグループなんてものはたくさんあるし 最悪なのがその中でも派閥があったりする。

コミュニティというのは形成されると同時にそれを広めたいという意識と 仲間だけで集まりたいという 他者排除の意識が働く。

知らない人大歓迎

初心者大歓迎

ぼっちでも安心

こんなものは もちろん大嘘で もちろん嘘をついているつもりはなかろうと 知らない人や初心者やぼっちに そこまで配慮できるコミュニティはそうそうない。 みんな自分自身の立ち位置をそのコミュニティでより強固にしたいし それに必死なのだ。 ワンアクションで 入りきれる コミュニティ能力の高い人ならまだしも 何ターンもかけないと打ち解けないタイプの人はどこのコミュニティもまあまあ苦戦する。

趣味でやってるようなコミュニティはそれでいいのだけど 「広めたい」という目的が ある場合のコミュニティはハードルがグッとあがる。

そんなことを何年も感じてて 最近 コミュニティとしては全国クラスな キングコング西野さんのオンラインサロンなるもので活動してる。

すると やはりでた。コミュニティ問題。

「コミュニティは必要だけど 強固なコミュニティには 外からの関係を排除する作用もある」 この西野さんの声は 物議を少し醸し出し た。

俺はどうしたらいいの?私はどうふるまえばいいの?

戸惑うファン達。

「他者への想像力」を働かせろ!だなんて一言では解決できなくて 人はいろんなことで気を病み 余裕がない時は疑心暗鬼にもなり 最悪 攻撃的にもなる。

人間関係やコミュニティが広まれば広まるほど 一人一人に対する熱量を維持するのは困難だ。

それを解決する今のところの僕の答えが

何かあった時に その人の気持ちを考えた上で

「寛容する」

ということ。

「許す」ということ。

まず そこから グチャグチャになってしまったものをリセットしてもいい。

雁字搦めのヒモを いったん伸ばしてしまっていい。

そして もう一度 「謝る」とか「考える」とか

できることを日々一生懸命やればいい。

「そんなつもりじゃなかった」なんて日常茶飯事で 僕なんてこうしてくだらねーblog毎日書いてるもんだから 勝手に嫌われたり 変な解釈されたり 苦手意識持たれたりする。

いいじゃんいいじゃん(笑)

それでも「伝えたいことがあるんだ」

俺にもアナタにもあの人にも

優しく上質なコミュニティを作る!頑張る!

月額500円で お会計金額をお客さんが決められるようになる ファンクラブのご入会 ご支援はこちらから!↓

https://camp-fire.jp/projects/view/39662

(わからないこと遠慮なくメッセージください)

ピックアップ記事

  1. 新時代の価値観の共有
  2. 戦友たち
  3. 積極的で求心力のある営業
  4. 君に幸あれ 俺と結婚式その1
  5. 朝まで生トーク 言葉遣いについて

関連記事

  1. 日々の出来事から考察

    電話はガード不能の必殺技

    今日はランチは予約のみの営業にしてて、、というのもHP作成の打ち合わせ…

  2. kitchen11メンバーズクラブ「フリーダム」について考察

    年末放浪記 大阪編その2

    実はもうあまり西野さんに今 直接にまで聞きたい事はないんだけど (だい…

  3. 日々の出来事から考察

    赤い羽根共同募金のアップデート

    おはようイレヴン金曜です。毎日 買い物にイオンに寄るんですけどその入…

  4. 日々の出来事から考察

    フレンドファンディング ポルカ 知ってますか?

    土曜日なのに いきって休んで大阪に ファンクラブとか やろうとしてるこ…

  5. 日々の出来事から考察

    お金に縛られない生活を目指す

    お金もってたら「そんなに」お金いらないって当たり前でお金を稼いでから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

  1. 日々の出来事から考察

    君に幸あれ 俺と結婚式その1
  2. 日々の出来事から考察

    音楽イベント手伝ってまーす
  3. 日々の出来事から考察

    クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
  4. 日々の出来事から考察

    積極的で求心力のある営業
  5. 日々の出来事から考察

    朝まで生トーク 言葉遣いについて
PAGE TOP