日々の出来事から考察

チェーン店 マニュアル店にハマってます。

最近とにかくチェーン店だったりマニュアル化された店だったりただただお腹を満たすためのお店を研究してる。

よし!研究しよう!ってテンションではなく

気付けばそんなお店に好んでいってる自分自身も共に自然と研究対象になってる。

先日 広島〜大阪の連休もそんな流れでこちら

姫路ピオレ地下のパスタ屋

「リュリュ」


なんとかイレヴンいらんな、、(笑)

仕事をめっちゃ丁寧にしてるからお客さんつくし めっちゃ丁寧にしてるからお客さんつかないんだろうなー。


メニューのセットから説明され

パスタはどれになさいますか?

デザートはどれになさいますか?

ドリンクは、、

コミュ症というかめんどくさがりな僕はだからセットとか嫌いである。

ドリンクはいつお持ちいたしますか?
先にコーラのストローおもちいたします。
メニューおさげしてもよろしいですか?

全部どうでもいいけど 

なんでこんな仕事してるかっつーと

それを求められるから。

お店側も馬鹿じゃなあない。
どう考えても個人的にはどうでもいいんだけど これが当たり障りのない無難なサービスなのだ。
なんとかイレヴンでこれをするとなると

「まず麺の種類の説明させていただいてよろしいですか?」からスタートだろう。

ちなみに僕は一切説明しない

商品説明もしない

聞かれたら答える。
麺は6種類から選べるし 冷たいのやらスープパスタやらもある 

例えばカルボナーラといわれれば その中から麺の種類を選ぶわけだ。

僕はお客さんにカルボナーラ!とだけ言われたら 勝手にカルボナーラフェットチーネで提供する。

麺はどれになさいますか?

なんて 聞かれるのが面倒だろうと

考えるからだ。

聞きたかったら聞こう

とにかく底辺まで劣化した人の送受信能力を底上げしたい。 送受信能力の劣化は 思い通りにいかない時の超絶なストレスにつながる。

そうこうしてると 前菜五種盛りがくる。


これも一つ一つ説明されるが 2秒後には覚えてない。今なんてガチで一つもわからない。

説明してくれてるから聞かなきゃ感

説明してるけど聞いてないんだろうな感

の 応酬が耐えられないので 僕は絶対に商品説明しない。 わからなかったら聞いて!

(グルメな人が集まることを前提としたお店はキッチリ説明するのが効果的)

そしてマニュアル大衆店あるある

完ッッ全に空のお皿を

「こちらお下げしてもよろしいですか?」

おもわず ちょっとまってくれや!写真とらせてくれや!とでも言おうかと思った。

こんな↑アホがおってこそ この仕事の意味があるというものだろう。

(さて貴方は文脈を読み取れるだろうか? ここで問題 こんなアホ とは 一体誰をさしていますか? 正解は ちょっとまってくれや!という客のことをさしています。 お皿をさげていいか 聞いてきた店員さんだと思った方はいませんか?)

いや、 ケチをつけるわけじゃない

ひたすら すげぇよ

君達すげぇよ。
だって俺 そんな仕事やらないもん

やれって言われてもやらずに喧嘩してやめるもん。 

今となっては本気で尊敬できる。

ひと昔前は 本当の仕事ってやつがわかってねぇんだよ、、だなんてイキってたけど

とんでもない 

俺なんか一生できないことをやってる。

そしてお店は実際に流行ってる。
スタッフはキッチン4人

ホール3人
パワープレイもいいとこだ。

なんだってできる。素晴らしい。

席数はギチギチで40といったところ。
おそらく25人ぐらいで実質満席だろう。
メガネをかけていても オススメの黒板の文字は読めないけど そんなことはどうでもいい。
壁には 完全にインテリアとして綺麗に本が飾られてある。

なんとかイレヴンのように読みにきたり ましてや購入などはできなさそうだ。

そして飲食店における最大の論点といえる味、、。


そんなもの 美味しいに決まってる。

今の時代 好みだとか クオリティにうるせー人向け以外に美味しくないものを作る方が難しい。
ちゃんと美味しいものを作ろうとすれば

「誰でも」美味しいものは作れる。

こないだホリエモンが保育士の仕事を

「誰でもできる仕事」と例えて 大炎上したが

同じことで

飲食店なんて それこそ 「誰でもできる」

僕がやってるんだから間違いないwwwww

この「誰でもできる」って言葉の意味も意図も感じられず 読み取ろうともしない 人にホリエモンは叩かれるし 僕なんかは叩いても仕方ないので ゆるやかにひっそり嫌われるw

さて なんだかんだで まとめると

僕が通勤に駅を使う人間なら

なんとかイレヴンと リュリュのどちらの常連になるかっつーと 断然リュリュなわけ
それを覆したかったら 好きな人以外はこなくていい!ぐらい尖るしかないよねって話。

否定も肯定も大歓迎

厨2病37歳 hideでした。

ピックアップ記事

  1. 飲食店の人手不足を解消しよう やりたい仕事になろう 
  2. クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
  3. 積極的で求心力のある営業
  4. 新時代の価値観の共有
  5. 朝まで生トーク 言葉遣いについて

関連記事

  1. 日々の出来事から考察

    決められた事はできるだけ守りたい

    ええとですね、、 結婚式の正装だとか 祝儀袋の書き方だとかには すこぶ…

  2. 日々の出来事から考察

    アホのソフトバン○奮闘記中編(私怨です)

    さあさあ、前編から読んどくれ(^ω^)代替え案が 見事に失敗し…

  3. 日々の出来事から考察

    おら東京さ行くだ

    さて、本日 東京デビュー。37歳にもなって 東京行くぐらいでワクワクし…

  4. 日々の出来事から考察

    ゴキ○リ って字面だけで怖いよな、、

    昨日は 試飲会やらなんやらでお店を休んでたのですが そんな貴重な営業外…

  5. 日々の出来事から考察

    プラスの気持ちの連鎖を作り循環させる

    先日 革命のファンファーレを10冊贈呈した件。 それに 常連さんから …

  6. 日々の出来事から考察

    君に幸あれ 俺と結婚式その1

    んー少し前一緒に仕事してた女の子が結婚したんですよ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

  1. 日々の出来事から考察

    戦友たち
  2. 飲食業の話(旧時代バージョン

    新時代の価値観の共有
  3. 日々の出来事から考察

    君に幸あれ 俺と結婚式その1
  4. 日々の出来事から考察

    クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
  5. kitchen11メンバーズクラブ「フリーダム」について考察

    飲食店の人手不足を解消しよう やりたい仕事になろう 
PAGE TOP