ことわざから考察

船頭多くして船、山に登る

ことわざ について語ろうシリーズ。
何を隠そう僕は ことわざについてそこそこ詳しい(笑)ことわざってのは「石の上にも三年」とかそういうやつです。別に知る必要は全くないし、さしたる役にもたちません。
ですが、その意味からは物凄く思考が広がり面白いのです。
ではシリーズ第一回のことわざは船頭多くして船、山に登るです。 あまり聞き慣れないことわざではないでしょうか?
意味は 「何人か人が集まったとしてリーダーばかりだと話がまとまらず その船、、団体は あらぬところに向かってしまう」という意味です。
ここからいつものドヤった自分語りに入らせていただくと 僕はリーダーシップはとりません。 なぜなら このことわざの通りだからです。 
よくていのいい言葉でみんなの意見を聞いてといいますよね。
聞く必要なんかないんです。
それはリーダーが部下に嫌われたくないから都合よく予防線張ってるだけですw
確固たる自信と明確な意思をもってごり押しすることがリーダーには必要です。
もちろん意見を聞くことは大事。でもその意見を検証もせずそこに流されたり みんながゆうならそうしよう、、みたいなタイプは本当のリーダーとは違う気がします。
僕が人との争いが面倒だからそんなタイプ。wで、どうしても 我を通すと 相当キツイ言葉で責め立ててしまうので僕は(>人<;)
もう一つこの、ことわざから僕が非常に大事な事を学び実行してる事があります。
盛り上げる人がいる所では喋らない。会話を絶対にかぶせない。
プライベートでも仕事でもそうです。
十分に盛り上がってる会話に無理矢理入る、、俺の方が詳しい!とドヤ顔でかぶせる。気持ちはわかるんですけど、これが本当にいただけない。だから団体行動は難しい
みんながみんな俺が!俺が!トークをすると話は中身のない なんかやかましかった話でしかなくなります。
めちゃくちゃわかりやすいんですけど店でオーナーなりスタッフなり会話してるところに僕まず入りません。それが得意分野であってもです。
ましてや、一組のお客さんにオーナー喋る、スタッフ喋る、そこに僕もくわわる、、こんな接客は最悪やと僕は思ってます。
その一組しかいなくても!です。
僕は別に人見知りでもなければ喋らない人でもありませんよw

{97ABE306-2607-4C26-B084-8581F0693A82:01}

他にお客さんがいるなら論外。お客さんは従業員の暇つぶしの相手ではありません。
まともな感性のお客さんはお店の人が喋ってる合間にオーダーするのも気をつかうものです。 
、、やはり素人の文章書きは話の論点がズレてきますね(笑)違う話になってきたのでこのあたりの話はまた今度( ´ ▽ ` )ノ
能書きだらけで実行できてませんw発展途上だけど居心地のいい空間を頑張って作ってます!そんなBAR88のFacebookはこちらです(^ω^)

否定も歓迎 肯定も歓迎BAR88hideでした。駄文にお付き合いいただきありがとうございます(>人<;)

ピックアップ記事

  1. 戦友たち
  2. 新時代の価値観の共有
  3. クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
  4. 積極的で求心力のある営業
  5. ストップ!めんどくせぇいざこざ!

関連記事

  1. ことわざから考察

    木を見て森を見ず いや、どっちも見ようや

    久しぶりですな。ことわざから考察するシリーズ。ちなみに前回は 「船頭多…

  2. 日々の出来事から考察

    無理が通れば道理ひっこむ

    見れるかなぁ 東京?で 満員電車に押し込まれる様子の動画。ツイッターで…

  3. ことわざから考察

    過ぎたるは及ばざるが如し

    長かった神戸編 完結といたしましてひさびさに やらかしまし…

  4. スナックキャンディ姫路ファンクラブシステム「フリーダム」について考察

    情けは人の為ならず

    世の中には自分さえ良ければいいという考え方が蔓延してます。それな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

  1. 日々の出来事から考察

    君に幸あれ 俺と結婚式その1
  2. 飲食業の話(旧時代バージョン

    新時代の価値観の共有
  3. 日々の出来事から考察

    積極的で求心力のある営業
  4. 日々の出来事から考察

    戦友たち
  5. 日々の出来事から考察

    クラウドファンディング 結果報告とクラウドファンディングの本質
PAGE TOP